おすすめリンク

蜂の駆除、捕獲はこちら

恐ろしいハチがいたら…

オーナーズシステム

 

養蜂に必要な物はこちらをご参考に

日本みつばち 分譲予約承ります。

詳しくはこちらをご覧ください。

にほんみつばち蜜蝋分譲

詳しくはこちらをご覧ください。

ウドの苗を予約販売します。

詳しくはこちらをご覧ください。

パッションフルーツの苗を予約販売します。

詳しくはこちらをご覧ください。

お問合せはこちらへ

お気軽にお問合せ下さい

パッションフルーツ


パッションフルーツ栽培について

◆パッションフルーツ栽培

トケイソウ科 トケイソウ属/Passiflora edulis Sims 種分類:クダモノトケイソウ  常緑蔓性の多年生果樹
原産地:南米亜熱帯地方  生育適温:20~30℃
耐寒温度:-5,0~5,0℃(霜害・凍結を避ける)

原種のパッシフロラ/Passifloraは、南米亜熱帯地方を原産として、その名前の由来は花が「キリストの受難」にちなんで、和名は花の雌しべ形状から「トケイソウ/時計草」と呼ばれています。パッションフルーツ/Passion fruitは、食用栽培種として品種改良したものであり、ひそやかな花香と鑑賞価値ある花と果実に人気があります。熟した果実はトロピカルフルーツとして人気が高く、βカロテン8%,リポフラビン11%,ナイアシン10%,ビタミンB8%,ビタミンC36%,微量成分などが含まれ、疲労回復や生活習慣病予防、老化防止予防効果があるともいわれています。また近年では、従来からグリーンカーテン定番の朝顔やゴーヤにかわって、エコで省エネ効果が期待できるグリーンカーテンとして注目をあつめ、定番の行灯仕立てとパーゴラ(棚栽培)だけでなく、オベリスク,フェンス,園芸アーチ,ワイドラック,パーテーション,ウオールデコレーションとして、春から秋の庭を彩るお洒落な園芸植物や果樹としても注目されているようです。

now printing

◆ 性質:
蔓性多年生果樹で、若い蔓はやわらかく古くなると木質化します。葉の大きさは、10~20cmほどで古葉になると光沢を帯び、幼苗期には卵型だが、成木では深い三裂になります。葉の付け(節)から出る巻蔓でネットによじ登り、脇芽と花芽も葉の付け(節)から出て成長します。葉柄と蕾に蜜腺があり、アリやハチを招き寄せます。花の大きさ6~8cmほどで、紫・赤系品種は午前9,00から10,00頃に開花し、黄・黄金系品種は正午から14,00頃に開花します。屋外栽培の開花期は5~6月頃と9~10月頃で、黄・黄金系品種は8月頃も開花します。

◆ 用土と肥料、潅水(水遣り):
水捌けの良い肥沃な用土を好みます。果樹用土や配合して作るには、赤玉土4+鹿沼土2、腐葉土4で配合します。市販の園芸培養土8+荒砂2の配合なども良いでしょう。苗から生育期の肥料は、醗酵油粕や完熟堆肥などの有機質肥料を中心に、配合肥料や緩効性化成肥料を添加して施し、開花・結実したら燐酸・カリ成分を多く含んだ有機質肥料を施します。新芽と新葉がダレて用土表面が乾いたら、鉢底から流れ出るまでたっぷり潅水します。鉢植えやプランター植えでは、盛夏期は特に乾燥しやすいので水切れ注意が必要です。なお、アパート、マンションベランダ栽培などで、使用済み用土廃棄が必要になる場合は、ヤシガラチップ「ECOCOSOIL/燃やせるゴミとして捨てられる園芸用土」などを使うと良いでしょう。

◆ 仕立てと剪定
1)、10号くらいの鉢植え:「行灯仕立て」や「オベリスク」への誘引は外側から包み囲むように蔓を巻き付け、都合良い長さで主幹摘心して側枝を誘引します。葉蔓が混み合ってきたら、早目に成長した蕾や果実の1節先で蔓カットすると果実肥大が進みます。

2)、プランターやコンテナ植え:「ネット」や「フェンス」への誘引は都合良い長さで主幹摘心して側枝を横に誘引し、都合良い長さで側枝摘心します。側枝と孫枝に蕾と果実を着け、葉蔓が混み合ってきたら、成長した蕾や果実の1節先で蔓カットします。

3)、露地植え:畝高約20cmで水捌けを確保し、「ネット」や「パーゴラ(栽培棚)」への誘引は都合良い高さ長さで、主幹摘心し側枝を横に誘引し、側枝から伸びる孫枝に蕾と果実を着け、葉蔓が混み合ってきたら、成長した蕾や果実の1節先で蔓カットします。

プランターに植える場合


◆ 開花と人工授粉(受粉・受精):
花芽が蕾へ成長して開花・結実する最適条件は、日中気温25℃で昼時間11時間以上が必要です。開花してから夕方(夜間)までに人工授粉します。指先・ピンセット・絵筆などで雄しべの花粉を採って、3つの柱頭の雌しべ先端に受粉します。近縁種同士で違うDNAを持った品種間で交配すると、充実した良質な果肉になります。屋外で雨天の受粉は成功しません。品種にもよりますが、受粉翌日に閉じた花柄(ガク)が、小首を傾ける様子になると受粉・受精が成功し、さらに4~5日後になると閉じた花柄(ガク)から薄緑果実が顔を覗かせます。

◆ 結実と収穫:
その年に収穫まで至るには、春に大苗を入手して栽培スタートすることが必要です。開花してから夕方(夜間)までに人工受粉すると子房が膨らんで果実になります。標準サイズの果実は球形または楕円形で6~8cmの大きさになり、重さ60~80gくらいが一般的です。 熟しはじめた果皮は品種ごとに、艶やかなグリーンから紫系=紫濃淡、艶やかなグリーンから赤系=赤濃淡、艶やかなグリーンから黄系=黄濃淡になります。開花から約60~70日経過して熟すと自然落果し、さらに常温で5~6日間ほど追熟すると、果実表面に皺が寄り香気が強くなり、上質な酸味と甘味が増して食べ頃になります。

◆ 夏越しと越冬:
春から秋の生育期は、屋外で日当たりと風通しの良いところに置き、水切れや肥料切れのないように管理します。気温30℃を超えると、蔓の伸長は著しくなるが、蕾が着かなかったり蕾落ちすることがあり、生育中の果実が落果することもあります。冬は日当た良い屋内で潅水を控え目に、やや乾燥気味に育てます。気温13℃以下になると、秋に結実した生育中の果実が落果することがあります。

◆ 病・害虫:
小苗の頃には、夜間にナメクジ,カタツムリ類の食害があります。枝葉が茂る成木では、毛虫や青虫などの葉を食害する害虫寄生はなく、光沢を帯びた艶やかな葉が繁茂します。梅雨期の生育中には、カメムシの新梢吸汁があり、被害を受けると一時的に新芽生育が中断します。過剰繁茂で風通しが悪くなると、カイガラムシが付いてスス病を媒介します。最も一般的ケースでは、水捌けの悪さや過潅水によるフザリュウム(根腐れ)が起こる場合があります。通風条件の良くないハウス栽培などでは、果実が黒カビ病になることもあり、他に「パッション東アジアウイルス」病があります。

パッションフルーツのINDXへ戻る

パッシフロラ(耐寒性-15℃園芸品種)紹介

now printing

◆ Passiflora incarnata/パッシフロラ インカルナタ
 (和名:チャボトケイソウ)
  3号ポット苗価格:@1,660円送別
(SOLD OUT)
北アメリカ南東部原産 耐寒性-15℃、数々の名花を生んだ原種パッシフロラでハーブ園芸品種、グリーンリーフは3裂で花に香りがある。全草が沈静アルカロイド成分のハーブティとして利用される。インカ時代から薬用植物として珍重され、欧州では沈静アルカロイドのハーブティとして有名である。庭植えで厳冬期に地上部が枯れても、春になると土中の根茎から新芽が萌芽して再生する。



now printing

◆ Passiflora caerulea‘Constance Eliott’/パッシフロラ カエルレア‘コンスタンス・エリオット’
  3号ポット苗価格:@1,260円送別
(SOLD OUT)
花径7~9cm、耐寒性-15℃ グリーンリーフは深い5裂で「トケイソウの中のトケイソウ」と呼ばれる。原種カエルレアの清楚な白花種である。



now printing

◆ Passiflora caerulea‘Clear Sky’/パッシフロラ カエルレア‘クリア・スカイ’
  3号ポット苗価格:@1,260円送別
(SOLD OUT)
花径9~11cm、耐寒性-15℃ 光沢のあるダーク・グリーンリーフは深い5裂で、花径の大きなカエルレア4倍体の種間交雑種として、ドイツ人Drフィッシャーによって2001年に作出された。



now printing

◆ Passiflora‘Red Inca’/パッシフロラ‘レッド・インカ’
  3号ポット苗価格:@1,260円送別
(SOLD OUT)
花径9cm、耐寒性-15℃ P.coccinea×P.incarnata/コッキネア(ベニバナトケイソウ)とインカルナタの種間交雑種として作出された栗色に白をあしらった名花である。



パッションフルーツのINDXへ戻る
=パッションフルーツ応用編= 

◆ ミツバチ愛好家にお勧め!
庭先養蜂などで日差しを遮る自然の日陰(庭木樹冠など)、パッションフルーツ棚(パーゴラ,グリーンカーテンなど)で造りませんか。日中外気温36℃で、パッションフルーツを使ったグリーンカーテンの下は27℃へ温度低下を記録しました。他の蔓性植物に比較して、遮光効果に併せて植物の蒸散作用が活発におこなわれていることを示しています。多数の花が開花すると花香に誘われて、ミツバチたちは興奮した様子でパッションフルーツ花に纏わりつき、足をスリスリしながらホヴァリングする姿はとても愛らしいです。(原産地では花粉を採ってしまうので、ミツバチは害虫だそうです。)夏の巣板落下アクシデントを防止して、ミツバチの快適な営巣環境や花粉源をつくりだします。

※ 仕様・施設のご相談に対応しています(Green products)。⇒お問合せフォーム


◆ グリーンカーテンに優れるパッションフルーツ!
・葉が大きく厚くなるので、他の蔓性植物よりも遮光・断熱効果が大きい。
 (葉は霜が降りるまで枯れない。)
・下葉が上がらず、蔓が元気良く伸長するので、1株のカヴァー面積が広い。
・花と果実の鑑賞価値が高く、ほのかな心地良い花の香りが漂い、涼感を誘うトロピカル
 ムードに包まれる。
・食用果実種なので、化学肥料を控え有機栽培すれば、食べて安心安全なトロピカル
 フルーツが収穫できる。
・害虫がつき難い。毛虫や青虫などの葉を食害する害虫がつかないので、危険な殺虫薬剤
 を使用する必要がない。
・9~10月の厳しい残暑を遮り、秋の日足長を遮る。混み合った葉蔓をカットすれば照度
 調整できる。

グリーンカーテン

※ グリーンカーテンやパーゴラ施設のご相談に対応しています(Green products)。


 ⇒お問合せフォーム


パッションフルーツのINDXへ戻る

パッションフルーツ苗予約販売 について
パッションフルーツ予約販売

now printing

●小苗価格(ポットサイズ:9cm(3号)、樹高:約15~20cm)
・サマークイン/Summer Queen・・・・・・・・・・・・・・・・・@860円
 *低温期から開花(自家受粉)・・・やや丸型果実
・ルビースター/Ruby star・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・@860円
 *低温期から開花(自家受粉)・・・やや丸型果実
・パープルレッド-R/Purplish red-Round・・・・・@1,100円
 *高温期にも開花(自家受粉)・・・円型果実
・ピンクチーク/Pink teek・・・・・・・・・・・・・・・・・・@1,300円
 *高温期にも開花(自家受粉)・・・円型果実
・ピーチ/Peech・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・@1,300円
 *高温期にも開花(自家受粉)・・・円型果実
・ダークレッド-J/Dark red-J・・・・・・・・・・・・・・・@1,300円
 *低温期から開花(自家不稔)・・・長楕円型大果実
・イエロー-J/Yellow-J・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・@1,500円
 *高温期にも開花(自家不稔)・・・やや円型大果実
・イエロミックス-J/Yellow Mix-J・・・・・・・・・・・@1,500円
 *高温期にも開花(自家不稔)・・・長楕円型大果実
・パープルレッド-J/Purplish red-J・・・・・・・・・@1,500円
 *高温期にも開花(自家不稔)・・・長楕円型大果実

●大苗価格(ポットサイズ:10~12cm、樹高:50~60cm)
・サマークイン/Summer Queen・・・・・・・・・・・・・・・@1,600円
・ルビースター/Ruby star・・・・・・・・・・・・・・・・・・@1,600円
・パープルレッド-R/Purplish red-Round・・・・・@2,000円
・ピーチ/Peech・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・@2,200円
・ピンクチーク/Pink teek・・・・・・・・・・・・・・・・・・@2,200円
・ダークレッド-J/Dark red-J・・・・・・・・・・・・・・・@2,200円
・イエロー-J/Yellow-J・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・@2,800円
・イエロミックス-J/Yellow Mix-J・・・・・・・・・・・@2,800円
・パープルレッド-J/Purplish red-J・・・・・・・・・@2,800円



パッションフルーツ予約販売 ※ 越冬苗ご予約は、先着順で在庫限定数に達し次第SOLD OUTになります(Green products)。
 ⇒お問合せフォーム または携帯:080-2636-3790からご注文ください。
このページのTOPへ