おすすめリンク

蜂の駆除、捕獲はこちら

恐ろしいハチがいたら…

オーナーズシステム

 

養蜂に必要な物はこちらをご参考に

日本みつばち 分譲予約承ります。

詳しくはこちらをご覧ください。

にほんみつばち蜜蝋分譲

詳しくはこちらをご覧ください。

ウドの苗を予約販売します。

詳しくはこちらをご覧ください。

パッションフルーツの苗を予約販売します。

詳しくはこちらをご覧ください。

お問合せはこちらへ

お気軽にお問合せ下さい

BF式TB-Hive取扱説明書
―Warre養蜂 簡易飼養操作マニュアル―


野生棲息群を巣箱に再現する

Warre養蜂の原典「Beekeeping for All」には、近世欧州養蜂の歴史をくまなく研究し、 その歴史的発展の足跡を辿ったアッペエミール ウォーレ(フラン人修道士:1867~1951)の Warre hiveに到達した成果がある。
今日に至るWarre養蜂には、欧米養蜂先進国で8本トップバーが使われ、body boxの
基本形は300×300×210を縦型へ搭載するのである。ここに自然棲息群の野生棲息生態を
知り尽くしたアッペエミール ウォーレが導きだすWarre養蜂の真意がある。

Warre養蜂はストレスフリー

野生棲息生態を巣箱に再現するので、蜜蜂種別に関わりなくストレスを感じなく自由な
営巣活動を行うことがでる。これは他の伝統巣箱と巣枠式重箱や洋式巣箱と比較して、
旺盛な生育と強勢群化に到達する明らかな相違を観ることができる。

Warre養蜂は採蜜ストレスフリー

採蜜箱をワイヤー・刃物で切断する過酷な採蜜手法を用いない。営巣群に過酷ストレスを
与えないことは蜂群営巣生育へ弊害を与えないことで、生育営巣バランスを崩さない。
採蜜判断が早過ぎたとき、そのまま元位置に戻すことで営巣継続できる。
適時採蜜することで貯蜜巣房(古巣)更新して、免疫力低下のない新巣飼育実現を図る。

Warre養蜂はスムシフリー

巣箱内の空気循環によって、適切な新鮮空気導入と排気で巣箱内の過湿過熱と空気滞留を
除く構造的な機能性を備える。
みつばちインストールによって、巣箱内の空気循環作用は一層確かなものになり、
新鮮空気は産卵育児圏へくまなく届くようになり、キルトBOX内で希薄混合された
過湿過熱空気は、ベントからベンチレーションされる。
育児巣房に惹かれる若齢スムシ(ツヅリガ幼虫)は、健全生育する蜂群によって
巣板から除かれ、その若齢生育は阻まれる。

Warre養蜂は巣落ちしない

他の伝統巣箱・重箱飼育と洞型巣箱に発生する巣落ち被害は起こらない。
Warre hiveは、各body boxごとに巣板構築するので、貯蜜重量が各body boxごとに
分散され、過湿過熱空気が巣箱内上層部に滞留すことなく、自然吸排気制御システムの
働きによって、キルトBOX内で希薄緩和された使用済空気はベントからベンチレーション
される。

日本型Warre養蜂システム(BF式TB-Hive開発)

アッペエミール ウォーレが提唱した地域的気候的アレンジを加味することで、湿潤度合の
高い日本の気候風土に適合した飼育方法が可能になる。
先人たちの養蜂スタイル革新努力は、欧米ベンチャー型Warre hive模倣と直輸入hiveを
用いた重箱など伝統飼育へ変転後退した趣味愛好家も存在する。
現にWarre hive模倣から養蜂実践スタートしながら、その理解と実践的未熟さゆえ
重箱飼育へ変転した趣味愛好家も現存する。

※ ガーデン養蜂主流のWarre Beekeeping(ウォーレ養蜂)構造機能性に適合しています。
参考URL:Warre養蜂オリジナルサイト/ warre.biobees.com(→Googl翻訳ページ)
参考URL:Beekeeping for All:http://warre.biobees.com/bfa.htm

※ BF式TB-hiveは知的所有権を主張しています。無断で模倣・複製できません。
※ BF式TB-hiveの品質向上のために、予告なくデザイン及び仕様変更することがあります。

*     *     *

① BF式TB-Hive イラスト図解 各部名称

天竜杉天然乾燥材使用

家具用材の特一級品天然乾燥芯材使用は、そのまま蜂群の営巣執着を引き出す。
製材職人目利き、家具職人目利きを経て、あく抜きなど姑息な処理方法の必要なし。

上蓋 ―ベント&スズメバチガード―

オオスズメバチ侵入阻止とベンチレーション効果の必然性を同時確保する。

キルトbox

活動期の使用済み空気の緩和とベンチレーション効果。
越冬期の巣内保温並びに湿度調節機能の発揮。農薬汚染のない自然素材を詰める。
巣箱梱包保温は、巣箱内壁に温度差による水滴発生をもたらす。
オーガニック薬剤投入、花粉パテ投入、

給餌box

巣箱内の果糖液給餌・サイフォン式タンデム給餌実現する。
生育期の余剰蜂・キャパオーバー蜂の安全な休息場を提供する。
活動期のエントツ効果で蜂蜜蒸散速度を促進する。

麻布クローチ

ムダ巣盛上げさせない。
蜂群インストール時にトップバー造巣を促す。

逆山形8本トップバー

トップバー平行にスターターストリップ造巣を促すことがでる。
分蜂期に継箱と巣門枠を使うハイブリット待受方式は、スターターストリップに湯煎蜜蝋を刷毛塗りして、屑蜜や誘引ランと併設すると自然入居促進に一層効果的である。
・低温蜜蝋精製品:自然入居促進効果あり。

body box1

生育期の営巣巣箱&採蜜巣箱、採蜜時重量:17,1kg、採蜜量:12~14kg、
巣箱満杯まで造巣を促す効果、

body box2

強勢群の産卵育児営巣圏

観察窓

蓋丁番・パッチン錠SUS製、透過窓「ポリエチレンテレフタレート」5mm板、

ハンドル

巣箱両サイド2本、巣箱上げ下ろし、移動に有効。

body box3

継箱、活動期の生育スピードが早い時期に3段積みする。貯蜜熟成効果発揮する。
越冬期はキルトBOX+2段組みフルモデルにする。

フロアボード

前後巣門ゲート付き、引出しボード付き。
越冬期は後ろ巣門ゲート閉鎖する。積雪寒冷地は前巣門ゲート50%閉鎖する。

引出しボード

巣屑掃除用、巣箱移動、輸送時はアミ付引出しボードへ交換する。

その他

巣門ゲートの旋風行動はほとんど観られない。
採蜜時糖度80%前後を維持、花粉や若齢スムシの混入しない最高レベルの品質蜂蜜採取が
可能になる。
国際蜂蜜規格:糖度80%生蜂蜜、収穫蜜をそのままビン詰保存できる品質維持。

飼料用果糖液サイフォン式給餌と花粉パテ給餌
画像左:
飼料用果糖液のタンデム給餌/1000ccビン蓋に
無数の2㎜穿孔しています。

画像右:
天然花粉パテ240g給餌/保護シールを剥がして
下向きに置きます。