おすすめリンク

蜂の駆除、捕獲はこちら

恐ろしいハチがいたら…

オーナーズシステム

 

養蜂に必要な物はこちらをご参考に

日本みつばち 分譲予約承ります。

詳しくはこちらをご覧ください。

にほんみつばち蜜蝋分譲

詳しくはこちらをご覧ください。

ウドの苗を予約販売します。

詳しくはこちらをご覧ください。

パッションフルーツの苗を予約販売します。

詳しくはこちらをご覧ください。

お問合せはこちらへ

お気軽にお問合せ下さい

春・夏・秋・冬、ニホンミツバチの飼育管理

ニホンミツバチ飼育の一年

now printing

ニホンミツバチは4~6月頃、寒冷地や東北地方では5~7月頃に種族の繁殖と繁栄をかけて、群れを増やすために新女王蜂が誕生します。すると、蜂群の母親にあたる旧女王蜂を連れて、約半数の働き蜂たちが分蜂(巣別れ)に旅立ちます。この旅立ちには、採餌環境が元群と重複しないことや新女王蜂の近親配偶を避けるため、自然界の法則による遺伝的な選択要素(註・ヘテローシス)の意味を持っていると考えられます。その分蜂群が、あらかじめ設置しておいた分蜂トラップ・巣箱(新居)に入ることで、ニホンミツバチたちは新しい営巣をはじめます。
  
あらかじめ設置した巣箱が、分蜂群(巣別れ群)に気に入ってもらえたときは感動・感激です!。また、事前の目論み通りに入居捕獲することを指して、「魚釣りに似た充実感!!」と表現する人もいます。
  
「蟹は甲羅にあわせて穴を掘る」という諺がありますが、ミツバチは群れの大きさにあわせて穴を掘れないので、新巣の選択手段を用います。地形や地理判断に詳しい老練な越冬外勤蜂たちは、訪花・集蜜する一方で分蜂探索もおこない、あらかじめお気に入りの新居候補が決まっているときには、一旦蜂球をつくらず元巣上空で旋廻飛翔から女王蜂の出巣を待って、一気に新居へ直行することもあります。
  
分蜂群入居捕獲を可能にするためには、採餌環境の優劣とともに、分蜂群お気に入り巣箱を提供することが決定的要素になります。ミツバチの採餌環境が良くても、分蜂群に選択指名されなければ「ニホンミツバチ飼育」は実現しません。また、強制的に蜂球捕獲しても、その後の定着率は蜂群の居心地次第で、飼育管理の優劣とあいまって春夏秋冬の営巣居住条件は、ミツバチたちが「住み続けたいか」それとも「転居したいか」(逃去/移動)の選択基準となる大変重要な意味を持ちます。
  
・註) ヘテローシス効果 血縁が遠い両親の間に生まれた仔は、繁殖などいろいろな形質で両親平均よりも優れた能力を示すことが多く、これをヘテローシス効果という。ヘテローシス効果は繁殖の他に、病気に対する抵抗性や育成・発育形質などにおいても優れた能力を示すことが認められる。 ・品種間交雑種苗や家畜の品種改良ではヘテローシス効果を利用するために、系統あるいは品種交配が利用されている。二つの原系統種からハイブリット(F1)を作出し、さらに別の原種系統種に交配する「三元交配」を実用している。このような品種間交雑を行うと、両親よりも優れた繁殖などの能力を示し、病気に対する抵抗性においても優れた能力を示すことが可能になる。



春の管理

春の季節の分岐点は 「春分の日」を中心として、前後3日間を合わせた7日間を彼岸と呼ぶ。 初日にあたる日を「彼岸の入り」、3月20日「春分の日」の中日を「彼岸の中日」、最後の日を「彼岸明け」と呼んでいる。春の彼岸は季節が冬から夏へ変化する分岐点になる。
まだ早春期は蜂の気質が荒れているため、内検したり巣門に近付くとアタックされ刺されることがある。基本的には内検する必要はないが、暖かい風の少ない日を選んで面布を被って作業する。越冬を終えた群を内検し産卵育児圏や空巣部分、空巣は繁殖シーズンにスムシの孵化幼虫の侵入を受けやすいので、できるだけ取り除く「巣掻き」をおこなう。昼過ぎころ雄蜂が頻繁に飛翔するようになると、分蜂が近付いている証拠になる。蜂群分蜂期の内検は、自然王台発生を確認することが大切である。桜の開花するころ、雄蜂が頻繁に飛翔しはじめてから、一週間から約10日ほど後の、雨後の穏やかな晴天などを捉えて分蜂する。ニホンミツバチは気圧(ha)の上昇や気温の変化で、好天を招く移動性高気圧の接近を予知できるのだろうか。この時期に合わせてキンリョウヘンなどのミツバチ誘引ランが開花を迎えるのも、実に神秘的で不思議な現象である。

(4月)第一分蜂捕獲

桜の開花からミツバチたちの本格的な、分蜂(巣別れ)によるドラマチックな繁殖行動があり、これから約4ヶ月のあいだミツバチたちにとって一年で最も多忙な季節を迎える。分蜂にあわせたミツバチ誘引ランの開花調整など、あらかじめ分蜂捕獲の準備を整えておく必要がある。
分蜂トラップはこちらです
巣箱内部構造

(5月)分蜂最盛期

草本花から主要な蜜源植物の樹木花が咲きはじめ、ミツバチたちの訪花最盛期を迎え、日本列島各地で分蜂群の発生が頻発する。ミツバチ誘引ランの開花期間は、およそ30~40日間である。先端の蕾が開いたら切花にして使用する。

(6月)春の採蜜

ミツバチたちは、次々と移り変わる樹木花の訪花に熱中する。下旬頃に春の立ち上がりの早かった、ごく限られた蜂群の採蜜ができる。本格的な夏を前に、早めにサマー仕様に切り替えて風通しのよい木陰になる場所に移動する。過剰採蜜や過干渉、巣内温度上昇や過湿などは、スムシ繁殖をもたらし産卵育児停止モードから蜂群逃去の要因にもなる。

・巣箱の移動

同じ圃場内で設置場所を変える必要があるときは、働き蜂が外勤している日中なら、迷い蜂が出ないように少しずつ一日50cm程づつずらして変える。また、全群帰巣した夕方以降、夜間になってから置き場所変更しても良い。あるいは、一旦2km以上離れたところで、1週間くらい過ごさせてから新しい設置場所に戻す。そうすることで、外勤蜂は巣箱周囲の状況が把握出来ないので、翌朝改めて定位飛行して帰巣プログラムを組直す。分蜂群捕獲後の逃去防止用に、クイーンゲート(3,6~3,75mmスリット)を活用することもある。これは、働き蜂は通過できるが女王蜂は通過出来ない。オプションとして準備しておいて、巣門の外側に固定できるようにすると良い。



夏の管理

気温が夏に向かって上昇しはじめる5月末ころ、強い日差しを避け樹冠下や日覆いを施し、できるだけ涼しい環境にしてあげる。巣箱内の換気を促進し過湿を避け、スムシの巣板繁殖を抑制するためにも過湿を避ける意味は大きい。適時内検をおこない、ハチが齧り落とした巣屑の掃除をしてスムシの巣内繁殖を取り除き、産卵育児の進捗や休止状況などを点検して巣板の大きさと造巣方向を確認する。蜂が空いた育児房に蜜を蓄えるとその重量で巣落ちが起こることがある。温度が上昇する夏は巣板の基部から落下し、女王蜂が圧死する恐れもある。また、春の大量流蜜期に順調に貯蜜した蜂群から採蜜することができるが、盛夏期の蜜源枯渇を控えているために貯蜜量の約40%程度の採蜜に留める必要がある。例年だと、8月中旬以降になるとスズメバチの偵察や小規模な襲撃がはじまるので、防除器や捕殺器を装着して集団攻撃の対象になることを避ける。スズメバチに安易な採餌場の提供を許すと、スズメバチの主な餌になる大型昆虫が減少する初秋から本格的な集団攻撃の対象になる。

(7月)酷暑対策

産卵育児が継続しているか観察する。本格的な梅雨シーズンを迎え、長雨の影響で蜜切れ気温上昇による巣落ち、スムシ繁殖などで弱群化がないようにする。真夏の蜜源枯渇期を乗り切る充分な貯蜜を持たせるために、時期遅れの採蜜は避けたほうが無難である。直射日光除けなどを施し酷暑対策の準備をして、ミツバチたちに風通し良い涼しい環境を提供できているか確認する。
サマー仕様底板はこちら

(8月)蜜源枯渇

越冬までに最強群化育成を図る。さしずめ、ミツバチたちの夏休みに相当するが、スムシ繁殖を防除するために、産卵育児停止した蜂群には必要に応じて給餌する。
巣箱内部構造

(9月)晩夏の集蜜

ホルト、タラノキ、ウド、萩などの訪花で、ミツバチたちは一息つくが、しだいに圧力を増すオオスズメバチの集団攻撃に備える管理をおこない。秋の産卵を促すために強勢群を維持する。




ミツバチファーム

2010'冬に新規開拓した東南緩斜面に開けたミツバチ・ファーム、随所にカラスザンショウ苗数十本が育っていて、いまはアゲハチョウの楽園だが、数年後には夏の蜜源樹「カラスザンショウの森」になるはずである。

カラスザンショウ


秋の管理

秋の季節の分岐点は、「秋分の日」を中心として、前後3日間を合わせた7日間を彼岸と呼ぶ。初日にあたる日を「彼岸の入り」、9月23日「秋分の日」の中日を「彼岸の中日」、最後の日を「彼岸明け」と呼んでいる。秋の彼岸は季節が夏から冬へ変化する分岐点になる。
 オオスズメバチが猛威を奮う時期で、「防除器」や「捕獲器」と「粘着シート」「スズメバチ・ホイホイ」と併用して効果的な防除をおこなう。また、巣箱付近のミツバチ飛翔域に女郎蜘蛛が巣を懸けるので、枯れ枝や余分な枝払いと雑草刈りで蜘蛛の巣を張らせないように整理する。

(10月)秋の採蜜

ミツバチたちは、秋の花粉集めと集蜜の最盛期を迎える。この頃に蓄えた花粉と集蜜は越冬のための食糧となる。最強勢群化した蜂群からは熟成した良質蜜の採蜜ができるが、強勢群以下のミツバチたちから冬越しの食糧を奪ってはならない。繁殖頂点に達したオオスズメバチの攻撃最盛期になり、引き続きスズメバチ防御に注意を怠れない。

(11月)越冬準備

降雪地域では冬囲いの準備、無雪・暖地では次第に強まる北西の寒風を避けウインター仕様にして、できるだけ寒冷影響を避ける。月末ころになると猛威をふるったオオスズメバチの襲来も威力を失い、気温の低下とともにスズメバチ群の終焉となる。

採蜜

蜜量も多く糖度が高くなり、9月下旬~10月中旬頃の採蜜は最も良質なハチミツが採れる。ただし、産卵育児が停止した蜂群から採蜜すると逃去されることがある。この頃は越冬を控えた越冬蜂の産卵育児期でもあり蜂群の逃亡も少なく、ミツバチを殺さず怒らさないように丁寧に採蜜する。巣箱と巣板の補強が必要なときは、7~10日くらい前に事前準備をおこなっておく。

  ※貯蜜量の50%程度を採蜜する

1. あらかじめドライバー、ハンマー、ステンレスワイヤー、巣切りナイフ、
  パレット、洗浄バケツなどの採蜜容器を用意する。
2. 巣門を塞いで巣箱を5~6m移動する。巣箱のあった位置に戻り蜂用
  のダミー箱をおく。シートや新聞紙を拡げた作業台に採蜜巣箱をおく。
3. 巣箱を横倒し、あるいは逆さ倒しするときは、巣板位値を直角方向に
  静かに傾け、巣板基部 が壊れないようにする。
4. 巣箱を軽く叩いて振動を与え、蜂を巣板の反対方向に移動させる。
  蜂たちが移動した様子は羽音で聞く。
5. 具体的な採蜜手法は、巣箱の形式によって大きく異なるので、ここ
  では割愛する。
6. 巣箱内外にこぼれた蜜は洗い流すか拭き取り、採蜜巣箱から蜜の匂
  いを消し元に戻して巣箱のあった位置におく。
7. 採蜜後に越冬食料として糖液給餌を与える。蜂は空いた貯蜜巣房に
  越冬の食料として蜜を蓄える。

給餌用糖液

上白糖の希釈率は1:1、または1:0,8の比率で良い。気温低下が進んだ時期におこなうと蜂蜜蒸散行動にエネルギーを費やし、越冬蜂の疲労消耗を速めてしまい逆効果になることがあるので注意する。糖液給餌にあたっては巣内給餌するが、給餌容器内で蜂が溺れない工夫をする。また、他群の盗蜂(盗蜜)を避け、あらかじめ巣門を狭めておくことも良い。

巣門プレート



冬の管理

秋の集蜜と育児が終わる晩秋ころに、巣箱の防寒を施すが寒冷地と暖地や巣箱の形状によって、その対策が大きく異なり在来種であることから過保護にする必要はない。巣箱の湿乾呼吸を確保するために、ブルーシートなどで全体を覆ってはならない。また、巣箱材の厚味18mm超あれば、防寒外装を施す必要はない。むしろ、適度な空気流通(巣門の狭窄)によって、蜂群規模に応じた呼吸を確保することが大切であり、ミツバチたちの呼吸(Co2排出)を確保することが重要なポイントになる。暖地や温暖地では、ミツバチは冬でも小春日和には出巣して、訪花と排泄行動する。

(12月)越冬休眠

さしずめ、ミツバチたちの冬休みに相当する時期であるが、晴れた穏やかな日には、ビワやサザンカなどの花粉集めと集蜜にでかける。

(1月)産卵開始

冬至を過ぎ序々に日照時間が長くなり、下旬~2月上旬が最も寒冷な時期であるが、暖地では早春の草花が咲きはじめ、ミツバチたちは下旬ころから産卵育児がはじまり、蜂群は春の準備活動をスタートする。

(2月)春の準備

早春花の梅や早咲きナバナが咲きはじめ、暖かい日中時間には花粉運びをする外勤蜂が多く観られる。産卵育児が本格的にはじまり、序々にミツバチたちの活性復活で採餌量が増加する。

(3月)分蜂準備

ミツバチたちの訪花活動がいっそう活発になり、春の大量流蜜期に向けて働き蜂の数が殖え、暖地では分蜂に向けた探索行動がはじまり、雄蜂の発生や分蜂リハーサルなどを観察することがある。


このページのTOPへ