おすすめリンク

蜂の駆除、捕獲はこちら

恐ろしいハチがいたら…

オーナーズシステム

 

養蜂に必要な物はこちらをご参考に

日本みつばち 分譲予約承ります。

詳しくはこちらをご覧ください。

にほんみつばち蜜蝋分譲

詳しくはこちらをご覧ください。

ウドの苗を予約販売します。

詳しくはこちらをご覧ください。

パッションフルーツの苗を予約販売します。

詳しくはこちらをご覧ください。

お問合せはこちらへ

お気軽にお問合せ下さい

巣箱

ニホンミツバチの自然巣と巣箱

ミツバチにとって、クマなどの外獣とスズメバチなど外敵の攻撃を避ける安全で快適な遮蔽空間があり、適度な保温と空気循環が必要冬暖かく夏涼しい年間を通じて大きな温度差がないことが好まれます。古木や巨木洞(ウロ)と岩壁に空いた空洞、太根の枯死した土中空間などが巣穴として利用されてきました。人々は、こうした自然巣から「木蜜」「岩蜜」「土蜜」と呼ばれた蜂蜜を採取し、この自然の恵みをとりわけ貴重な甘味料として利用してきました。やがて、そうした自然巣に似せて、泥土壁で人為的にミツバチの巣を作ったり、素朴な農具や生活用具の転用であったり、切出した樹洞(ウロ)や木片木枠でミツバチ巣箱をつくってきました。近代から現代にいたるミツバチ生態の科学解明とそれに伴う養蜂技術の進歩は、逃去性があって飼いにくい「野生のミツバチ」ニホンミツバチを経年飼育でき、さらに分蜂群確保で増群できるまで進化し、特に学術研究が進んだ1980年代からセイヨウミツバチ養蜂技術とクロスオーヴァーするかたちで、ニホンミツバチ愛好家の増加を促すとともに発展してきました。ニホンミツバチ飼育にとって最も基本的なデバイスともいえるミツバチ巣箱の選択は、その後の飼育方法を決定するほど重要です。



ベーシックモデル巣箱

蜂群の営巣と巣板進展にしたがって、枠を多段に積み上げる
方法の飼育箱
です。
・上段の1~2枠を巣板ごと採蜜し、採蜜後に巣門枠の上に
  新しい継ぎ枠を挿入します。
・増枠と減枠することで、巣箱内スペースを自由に変更
 できます。
・はちみつを採取のが比較的容易で蜂に与えるストレスが
 少ない巣箱です。
初心者から熟達マニアまで幅広い層に支持され利用されています。 誰でも人気の高い飼育方法を実現できます。



now printing

あらかじめ蜂群の造営巣板スペースを確保した構造で、リアルタイムにミツバチの貯蜜や産卵子育て行動、造巣と巣板進展の巣内観察するための遮蔽観察窓を背面に装着したモデルです。
・採蜜は全部の巣板を基盤から切取り、花粉房と蜂児圏だけ
 を別の巣箱上部に固定して巣板 再生を促す。あるいは、
 2~3枚の巣板を残して他の巣板を基盤から切取る。
リアルタイムに営巣観察することに特化しています


分蜂トラップ(分蜂群捕獲装置)

■ 分蜂トラップ(分蜂群捕獲装置)

ベーシックモデル巣箱に適合した分蜂トラップです

・税込み価格:8,400円 お求めはこちら

巣箱:オブザベーションモデル(縦型 観察ウインドウ付き角洞式巣箱)

■ 巣箱:オブザベーションモデル(縦型 観察ウインドウ付き角洞式巣箱)

リアルタイムに営巣観察することに特化しています。

・税込み価格:16,600円 お求めはこちら

巣箱:ベーシックモデル(縦型 重箱式巣箱)

■ 巣箱:ベーシックモデル(縦型 重箱式巣箱)

国産(天竜杉)の赤味材/21,0mmをメインに、
数々の飼養データとアイデアを盛り込んだオリジナル仕様です

・税込み価格:12,600円 お求めはこちら